16.08.05~08.06 '16夏 北海道最終日 ひとまずさらば!北の大地よ!
小樽→積丹半島→苫小牧→敦賀→一宮
  3年連続となる「夏の北海道」もいよいよ最終日を迎えてしまいました。思えば、この旅行の前後、北海道は悪天候というだけでは生易しすぎる嵐に襲われました。
 そんな中で、道内2日目を除けばほぼ天候に恵まれたσ(^^)は凄くラッキーだったと思います。
 遂に道内最終日の朝がやってきました!現実に引き戻されたくない心の内のように、空は曇り空です。
 まず、軽く朝食バイキングです。正直、稚内の方が美味しかったような気がします。
 もっとも、この間に美味しい朝食を食べてきた所為かもしれませんがwww
 まずは、実に10年ぶりとなる島武意海岸へ行ってみませう!

 トンネルを抜けると、何時もの絶景が待ち構えています!さぁ、ここから海岸まで下っていきませう!


写真をクリックして下さい。
 夏の積丹と言えば文句なしに「ウニ丼」ですね♪そしてσ(^^)は毎度お馴染みの「なぎさ」さんで今回も食します。
 さぁ、積丹のウニ丼です!ちなみに、女将さんといろいろと話をしましたが、今年はバフンウニが不漁ということで、今回はムラサキとなります。

写真をクリックして下さい。
 美味し!美味し!美味し!

完食!(゚д゚)ウマー

写真をクリックして下さい。

女将さんが引退される前にもう一度行きたいお店ですね♪
 美味しいウニ丼を堪能した後は、「神威岬」にチェレンジです!
 今回は、無事関門を通過です!

写真をクリックして下さい。
 久々の積丹ブルーソフトです。今回はミックスにしました!
 久しぶりに神威岬を堪能したことで、今回の旅で設定したミッションは全て終了しました。
 でも、強制送還船の出航まではまだ間があったので、少し寄り道をすることにしませう!
 一度は寄ってみたかった「京極の吹き出し湧水」です。
 後方羊蹄山(しりべしやま)に降った雨水や雪解け水が地中で濾過され、地中のミネラルを加えながら数十年の長い時間を経て流れ出る湧水で、1日の湧水量は8万トンだそうです。

写真をクリックして下さい。
 苫小牧東港へ向かう道中、洞爺湖近くにある「西山火口散策路」に立ち寄りました。
 ここは、2000年3月31日から発生した有珠火山の噴火活動で廃墟になってしまった集落や旧国道230号などが間近に見ることが出来ます。
 こういう情景をみると、この日本は火山大国であり、そこに住む我々も自然の脅威には到底敵わないと感じました。
 今は静かな有珠山です。
 これまで、旅の道内最終日は回転寿司が多かったのですが、今回は前日に小樽で食したため、苫小牧市外にある「香るつけ蕎麦 蕎麦花」さんで道内最後の晩餐としました。
 「鴨つけせいろ」を食べることにしました。
美味し!美味し!美味し!

完食!(゚д゚)ウマー
 夜の日高自動車道を厚真I.Cに向けひた走ります。
  苫小牧東港周文埠頭にあるフェリーターミナルに着いてしましましたorz
 ネット予約&発券となり、ここに並ぶことはもう無いでしょう!
 現実世界に強制送還する今回の「どれい船」は「すずらん」でした。
 強制送還される前に、名残惜しい「カツゲン」を飲むとしませう!
 この日は、貨物トラックが多かったという事で、何時ものサイドからではなく、船尾からの乗船となりました。
 2年ぶりの「すずらん」乗船になります。
 帰りもツーリストSです。
 この「すずらん」及び僚船の「すいせん」は就航が2012年と新しいため、ツーリストSにも小型液晶TVが備わっています。
 しかし、音声を聞くためには、案内所にてヘッドフォンをレンタルしないとダメという「孔明の罠」が控えていましたw
 では、愛しき北の大地に敬意を表し、「別れの儀式」と参りませう!
 抜錨!
 さらば!「試される大地」よ!また来るぞ!
 北海道に別れを告げたあと、入浴し、マターリとサックラで晩酌しながら、旅の最後の夜を過ごしました。
 8時前に目が覚めると、船は既に秋田沖を航行していました。
 唯一、外に出ることが出来る後部デッキに出てみると、雲がドンヨリとしていました。
 まぁ、後は送還されるだけだから、別によいのですがねw
 取りあえず、軽く朝食を採りましょう!
 朝食を採っているうちに、雲の下を一気に抜けていました!さすがは航行速度27.5ノットを誇る高速フェリーです。
 そして、苫小牧を目差して北航する僚船「すいせん」と行き交います。
 船内イベントとして、往路と同じくビンゴ大会がありましたが、今回はリーチすらならず、見事なまでにスカですorz
 ランチのメニューは、新日本海フェリー特製 ビーフカレーです。
 後部デッキに出てみると、ドックランをさせるのでしょうか、女性がわんわんおを連れて歩いていました。
 ちなみに、人間様だけだと、あそこのデッキは出ることが出来ません。なんかおかしくねぇ?
 昼間の大浴場に入り、またーりなどしていましたが、そうこうしている内に船は能登半島を過ぎていました。
 旅の〆の夕食は、今回もハンバーグですw
 最後を締めくくるに相応しい綺麗な夕陽です。

写真をクリックして下さい。
 遂に敦賀新港の灯りが見えてきました。
 愛車が待つ車両デッキまで戻ってきました。
 20:20、遂に下船です。
 北陸自動車敦賀ICより米原JCTを経由、名神高速を通って21:45に帰着しました。
 総走行距離は、2,500.1㎞に達しました。

 これで、2016年の「夏の旅行記]は終わりです。ここまでお付き合い頂きありがとうございました。